自動書記

¥ 2,500 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

自動書記

ENTERTAINMENT創設者のひとりであるマツオの身に起きたある出来事が発端となっています。
妻と幼子の為、昼夜を問わず働き詰めの生活を送っていたマツオは、新規事業として始めたホワイトボードの訪問販売中に突然倒れ、病院に救急搬送されます。病室で目覚めた時、この事業そのものの記憶が欠落していました。残された大量のホワイトボードに自身を重ねたマツオは、首からホワイトボードさげ、自身の行動一切を書き留める生活を始めます。
最初のうちこそ苦労していましたが、ひと月も経つ頃にはその生活にも慣れ、意識せず自分の行動を書き留められるようになっていました。絶えず動き続ける右手は、彼の意志を越えて動き続けます。今この瞬間も彼の人生をB3ホワイトボードに記録しているのです。この驚異的な現象を新作のヒントに「自動書記」が完成しました。
マツオは言います。
「この右手は俺の心とは分たれたもうひとつの人格になった。この先どれだけの時間を記録していくのだろう。でもおもしろいことに24時になると一日の記録を全て消すんだよ。また綺麗さっぱりホワイトボードに次の一日が書かれるんだ。」

design by born machine records
photo & text by takaaki akaishi