BMC

¥ 2,500 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

BMC Tシャツ

蒸し暑い盆のある日、教育者である父の書庫整理をしていた
カズミは、一際埃をかぶった『決闘批評短編集』という本を発見します。御坂名太一という聞き慣れぬ批評家が、1959年に書いたその分厚い本に興味を持ち、読み進めてみると、堅苦しい美術批評に混じって『集中』なる奇妙な短編小説が収録されていることに気付きます。この小説は繰り返しとあるロゴについて脈絡の無い話が続くのですが、カズミはこの小説を気に入り、繰り返し語られるロゴへの興味から調査を開始します。そしてこのロゴが自身の学生時代の因縁であるバウハウスと浅からぬ関係があることを突き止めると、過去の因縁を清算するかのように制作に踏み切ったのです。
終わりに御坂名太一『集中』の一節をここに引用致します。
集中。コップいっぱいに張った水をこぼさないよう、音の鳴る方へと進む。今回は絶対うまくいく。あれだけ練習したんだもの。横からヒュッと風が吹いた。○○の悪戯だ。前髪が目に入る。「きゃっ」という叫び声とともに、コップの割れる音が響いた。ぐすん、私ったら。濡れた服を着替えに戻る。次は絶対…。ところで今脱いだこのTシャツ、実にブラックマウンテンカレッジのロゴにそっくりだ。
決闘批評短編集 御坂名太一著 『集中』563ページより

design by born machine records
photo & text by takaaki akaishi
special thanks: taichi osana